ラノベ実験室

ライトノベルや漫画などの批評をしているブログです。誰かに媚びず正直に感想を書いて行きます。




今回は、安土桃山時代において、織田信長の一番の危機といっても過言ではない、金ヶ崎の引き口が主なイベント。

いちばん盛り上がりますよねぇ。戦国時代の大きなイベントですから。

本能寺の変の次にロマンを個人的に感じているのが、金ヶ崎の戦い。

自ら殿(しんがり)を担当することを宣言した主人公・相良良晴。
涙を流しながら、良晴を信じ、ただただ根拠もなく信じて、蹄を響かせる。

このヒロインと主人公の関係性がすきなんですよねぇ。ピュアなようで素直になれないじれったい関係性が。

あと、気になったのは、史実では、木下秀吉(本作の主人公のモデル)とともに、松平家康(のちに改名して徳川家康)、そして明智光秀が殿を務めたはずですが、この織田信奈の野望では、ともに殿をしようとした半兵衛(光秀)を、織田信奈がひとりになってしまったらいけないと良晴は追い返したんですよ。

この史実と反する行動をした良晴にどんな影響が生じるのか、期待。

前巻同様に意外とおもしろい!というポジションを自分の中で未だ維持している良作でした。





最初ね、一年前くらいにdアニメストアで、織田信奈の野望を見て、結構おもしろいやん!って思って、なけなしのお小遣い使って、買いに行ったんですよ。織田信奈の野望全国版の一巻。

はじめて、読んだとき。
文章力のなさが衝撃的でした……。

まあ、当時ラノベを読んでいたといってもSAOなどのいわゆる大人気作品しか読んでいなくて、ラノベ調の文章になれていなかったということも一因だと思います。

そして今回、ニコニコカドカワ祭りで織田信奈の野望シリーズが半額!ということで、2巻から電子で購入したんですが、意外に面白かった。

小学五年生から司馬遼太郎さんが著した作品を中心に歴史小説を読み漁り、小学六年生のころから、歴史関係の新書(最初、新書とは新しい簡潔な小説のもとになるものだと勘違いして認識していました)を読んでいた、いわゆる歴史オタクのぼくが読んでも、面白い!と人に勧めることができる作品です。

だいぶ、史実に反しているところがあるんですが(それを顕著に表しているのが、織田信奈をはじめとする姫武将)、キャラクター小説として読めば、十分おもしろい。

特にラスト。
やられたなぁーって思いました。

あのラストがなければ、ストーリーはダメ!と酷評紛いのことをブログに書いていたかもしれないです。

それくらい、ラストが良かった!


歴史オタクなひとや、そうしゃないひとも十分楽しめる作品だと思いますので、読んで見ては?

電子書籍だと半額ですし。


買いです!





原作のほうは気にはなっているのですが、読んでなくて。

そんなときに、コミックス1巻が発売されるということを知り、購入しました。

まず、一言。
作画が綺麗すぎる。
醜女のはずの猫猫が普通にかわいい。

余談ですが、小学校のときの同級生のおのがきさんという女の子に似てる。ちなみに、女子から嫌味を込めて、ガッキーと呼ばれていました。女の人ってこわい。こわい。

ただ、ミステリーを押しているようですが、ミステリーというミステリーがないのが残念。あっそうですか、というようなストーリー展開が続きます。

ですが、やっぱり猫猫が可愛い。薬作りの興奮から踊る猫猫がずば抜けてかわいい。むしろ、この漫画に猫猫さえいればストーリーなんて必要ないくらい。

猫猫さえいればいい。

もちろん、主人公である猫猫だけがキャラクターとして魅力的というわけでなく、他のキャラクターも魅力的!

ということで、続刊でどんなミステリー要素があるのか期待です。
原作も読ま隊と思います。


↑このページのトップヘ